南森町の歯医者「南森町たむら歯科」のむし歯治療・根管治療のページです。

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 選ばれている理由
  • 診療メニュー
    • 一般歯科
    • 入れ歯
    • 根管治療
    • インプラント
    • 歯周病
    • 審美歯科
    • 予防歯科
    • ホワイトニング
    • 小児歯科
    • 歯のクリーニング
  • ブログ
  • 医院概要・アクセス

むし歯治療・根管治療

  • むし歯治療
  • 根管治療

再発しないむし歯治療

多くの方が、「以前に治療した場所が、またむし歯になった」という経験をお持ちではないでし ょうか? そのため、むし歯は再発するものだと思われている方も少なくありません。しかし実は、むし歯が再発するか否かは初回の治療にかかっているといえるのです。

大阪天満宮の歯医者「南森町たむら歯科」では、再発しないむし歯治療に取り組んでいます。再治療をくり返せば歯は削られ続け、いずれ失ってしまいます。初回の治療を適切な診断のもとで行うことで再発を防ぎ、患者様の大切な歯をお守りします。

痛みが出る前の治療を
~初期むし歯は痛くない~

むし歯に気づくのは、「痛い」「しみる」という症状が出てからという方がほとんど。しかしむし歯は初期には痛みがなく、こういった症状に気づいたときには、すでにかなり進行していると考えられるのです。

そこまで進行したむし歯は、大きく歯を削らなくてはなりません。歯のダメージを軽減するには、痛みが出る前からの治療が必要になるのです。大切なのは早期発見・早期治療。自分では気づきにくい初期のむし歯を見逃さないよう、日頃から定期検診に通いましょう。

むし歯の進行

CO
ごく初期のむし歯

歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁ります。まだ痛みはありません。

治療法

適切なブラッシングとフッ素塗布によって、治癒が期待できます。

C1
エナメル質のむし歯

エナメル質の溶解が進み、茶色くなった部分が現れます。この段階でもまだ痛みはありません。

治療法

むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)で補います。

C2
象牙質のむし歯

エナメル質の内側にある象牙質まで進行したむし歯です。冷たいものや甘いものがしみるようになります。

治療法

むし歯に冒された部分を削り、大きさに合わせて詰め物・被せ物で補います。

C3
神経に達したむし歯

歯の奥の神経に達したむし歯です。何もしなくても、ズキズキと激しく痛みます。

治療法

むし歯に冒されて死んでしまった神経や結果を取り除く根管(こんかん)治療を行い、被せ物で補います。

C4
歯根に達したむし歯

むし歯が歯根にまで達し、歯冠部分はほとんど溶けてなくなっています。神経が死んで一旦痛みはなくなりますが、膿が出ると再び激しく痛み始めます。

治療法

ここまで悪化したむし歯は、抜歯するしかありません。抜歯後には入れ歯・ブリッジ・インプラントなどによって機能を回復させます。

診療の流れ

Flow01

お電話またはWebでのご予約

まずはお電話(06-6356-6630)またはご予約フォームにて、ご予約をおとりください。

Flow02

ご来院されたらまずは受付を

来院されましたら、受付までお越しください。初診・月初めには保険証が必要です。

Flow03

カウンセリングで
詳しくお伺いします

現在のお悩みや治療に対するご希望などを、くわしくお伺いします。

Flow04

検査

お口の中の状態を把握するために、必要な検査を行います。

Flow05

治療方法のご説明・ご相談

検査結果やそれをもとにした診断、治療法の選択肢などについてご説明します。

Flow06

治療開始

納得し、選んでいただい治療法によって、治療を開始します。

痛みを抑えた治療を行っています

歯科治療の痛みが苦手という方は、少なくありません。そこで当院では治療時の患者様のご負担を軽減するために、無痛治療に対応しています。たとえば、麻酔液が体内に入る速度・圧力を一定に維持する「電動麻酔器」や、麻酔液の温度を温めておく「カートリッジウォーマー」などを使用し、麻酔時の違和感をできるだけなくせるよう努めています。

再治療を招かない根管治療を

むし歯が重度にまで進行すると、歯の奥を通る根管(こんかん)に入っている神経や血管は死んでしまいます。従来、そこまで悪化したむし歯は抜くしかありませんでしたが、近年では根管治療によって残せるようになりました。
根管治療とは、根管の中から死んでしまった神経・血管を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して薬剤を充填する治療です。

精密さが求められるとても難しい治療になり、術者の経験と緻密な操作が欠かせないため、残念ながら再治療が必要になるケースも少なくないのが現状です。しかし南森町の歯医者「南森町たむら歯科」では、初回の根管治療をしっかりと行うことで、再治療とならないよう取り組んでいます。

当院の根管治療における取り組み

根管治療は、歯の治療の中でももっとも難しく重要な治療であり、当院ではすべての治療の成功を左右するものであるととらえています。そこで当院では精密な根管治療を実現するために、以下のことに取り組んでいます。

取り組み01

複数の歯の根管治療を行う場合には、治療を複数回に分けて根管の1本1本を丁寧に治療します。これは、根管治療のスペシャリストと同様のアプローチです。

取り組み02

従来のステンレス製のファイルでなく、しなやかさを持つニッケルチタンファイルを用いて、感染箇所の取り残しがないよう緻密な治療を行います。

取り組み03

歯科先進国である米国製の専用材料を使用するほか、薬剤にもこだわっています。

取り組み04

根管部分に雑菌が入り再発を招くことのないよう、滅菌への取り組みを徹底します。

取り組み05

他院で治療を断られたり、歯を残せる可能性が数パーセントだったりしても、できるかぎり残せる方法を追求します。

コラム

続きはこちら>>

多くの日本人の成人がかかっているにもかかわらず、自覚しにくい歯周病は、悪化すれば歯を失ってしまう病気です。早期の治療はもちろん、ならないよう予防に取り組むことが大切です。

南森町たむら歯科の歯周病・予防歯科について詳しくはコチラ

診療のご予約はこちら

WEBなら24時間対応! WEB診療予約

診療時間

土曜・日曜 午後15:30~18:00 火曜・金曜・祝日は休診日となります。

〒530-0044
 大阪府大阪市北区 東天満1-7-13 リーガル東天満

  • WEBなら24時間対応! WEB診療予約
  • お急ぎの方はお電話ください tel:0663566630
  • 歯科タウン
  • 医院ブログ
  • facebook
  • instagram